話題

ツイッターSpacesスペースが使えない/参加できない?全ユーザーが使えるようになるのはいつ?

こんにちは。キャサリンです☆

Twitter(ツイッター)上で複数の人と音声会話ができる機能、「Spaces(スペース)」ですが、最近は毎日誰かが立ち上げているのを見かけます。

少しずつ広がってきているようですね^^

Spacesって何?!という方は、こちらの記事もご覧ください(^^♪

参考ツイッタースペースとはどんな音声型新機能?クラブハウスとの違い&登録するにはどうしたらいい?

こんにちは。キャサリンです☆ 先日Twitter(ツイッター)を見ていたら、フリートが並んでいるところ(タイムライン上部)に見慣れないマークが出ていました(; ・`д・´) アイコンが2つ繋がっている ...

続きを見る

私も初期の頃にTwitterに申請を出して使えるようになったのですが、まだ全ユーザー向けに実装されてはいないようです。

今回は、私が遭遇した「Spacesが使えなかったケース」を検証し、いつから全Twitterユーザーが使えるようになるのかを調べてみました。

Spacesスペース機能が使えない/参加できないのはどんな場合?解決策は?

私もSpacesが使えるようになってから、ホストとしてもスピーカー/リスナーとしても何度か使用していますが、たまに「ホストになれない」「スペースに入れない」という方がいました。

2021年3月25日現在、Twitterのヘルプセンターによると、Spaces機能に関してこのような注意書きがあります。

この新サービスは始まったばかりですが、成長を遂げています。iOSやAndroidを使えるアカウントならば誰でもスペースに参加して聞くことができ、iOSを使う一部の限られたアカウントは、スペースを作成することができます。

参照:Twitterヘルプセンター

「iOSやAndroidを使えるアカウントならば誰でもスペースに参加して聞くことができ」る、とされていますが、私のお友達でiOSユーザーの方は、そもそもスペースが表示されない、と言っていたので(スペースの招待DMを送っても入れませんでした)、何らかの原因で入れない場合もあるようです。

また、スペースを作成できるようになるには、Twitterにフォームを提出して申請するか、スペースに参加してスピーカーになると可能になる(iOSユーザーのみ)、と言われているのですが、スピーカーとして参加してもホストになれないiOSユーザーの方もいたので、こちらの条件も絶対ではないようです。

※Androidユーザーの方は、スピーカー/リスナーとしてスペースに参加することはできますが、ホストする機能はまだ付いていません(;´・ω・)

こちらの方々がどうやったらスペースを使えるようになるのかは、現在情報収集中です☆

何か分かったら追記させていただきますね。

※2021年4月10日 追記:4月に入ってから、一部のAndroidユーザーにもホストする機能がつけられたそうです!

※2021年4月25日 追記:スペースが表示されなかった iOSユーザーのお友達は、Twitterのアプリをアップデートしたら表示されるようになったそうです!

タイムラインの上部にスペース/フリートが表示されない方は、Twitterアプリが最新の状態でない可能性があります。アップデートを試してみてください。

Twitterアプリのアップデート方法

① スマホのApp Storeアイコンをタップして開く → ② 右上の人のマークをタップ → ③「利用可能なアップデート」の中のTwitterを「アップデート」

Spacesスペース機能をいつからTwitterの全ユーザーが使えるようになる?

Twitterジャパンのアカウントでは、下記のように言っています。

2021年3月10日の時点では、Twitter側は「4月中には誰でもTwitter Spacesの自分専用ルームをホストできるようにするつもりだ」と言っていましたが、その後延期する、というツイートをしています。

訳:「新しいフォーマットを作成中なので、コミュニティスペースを延期しています。しばらくお待ちください。」

ということなので、4月中に全ユーザーに実装されるのは難しそうですね。。。

Spaces機能をTwitterの全ユーザーが使えるようになるのは、5月以降と考えた方がよさそうです。

※2021年5月11日 追記:2021年5月3日から、iOS、Android ユーザー共に、フォロワー数 600人以上の全てのアカウントに、Spacesをホストする機能がつけられたそうです!

訳:「フォロワー数が600人以上の方は、スペースをホストすることができるようになりました。我々の検証によると、フォロワー数600人以上の方は、既にオーディエンスがいるので、良いホスト体験ができる可能性が高いのです。スペースを全員が使えるようになるまでには、まだ数工程必要になります。」

まとめ

Twitter上でクラブハウスのように複数人で会話できる機能「Spaces(スペース)」。

Android含め、少しずつ使っている人が増えてきました。

iOSユーザーであっても、スペースが使えないというケースも稀にあるようです。

2021年5月4日から、フォロワー数 600人以上の全てのアカウントでSpaces機能が使えるようになったそうですが、ベータ版の時から使えている方は、フォロワー数が600人未満でも使えています。また、フォロワー数 1000人以上であっても、使えないケースもあるそうです。

今後、フォロワー数 600人未満のアカウントにもSpaces機能が実装されていくと思われますが、全ユーザーがSpaces機能を使えるようになるのは、まだ少し先のことになりそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

 

こちらもCHECK

ツイッター投げ銭機能Tip Jarとは?設定方法と受け取り方を図解!本名や住所がバレる心配も

こんにちは。キャサリンです☆ かねてから、今年実装されると言われていた、Twitterの投げ銭機能「Tip Jar(チップ入れ)」が、一部のユーザーに実装されていることが分かりました。 Twitter ...

続きを見る


こちらもCHECK

ツイッターSpacesスペースにリスナー/スピーカーとして参加する方法!画像付きで解説

こんにちは。キャサリンです☆ ツイッターを開くと、タイムラインの上部にちらほら目にするようになってきた「Spaces(スペース)」という機能。 気になるけど、どうやって試したらいいんだろう?入ったら突 ...

続きを見る


こちらもCHECK

ツイッターSpacesスペースの使い方&ホストのやり方を画像付きで解説!

こんにちは。キャサリンです☆ 今日(2021年3月6日)から、実装された人がにわかに増えているTwitter(ツイッター)の新機能、Spaces(スペース)ですが、私もホストとして使用できるようになり ...

続きを見る


こちらもCHECK

ツイッター有料化/収益化はいつから& スーパーフォローとは?他新機能を紹介

こんにちは。キャサリンです☆ 私もTwitter(ツイッター)を情報収集などのために使っていますが、Twitterそれ自体では、YouTubeなどと違い、たくさんフォロワーがいたとしても収益化に直接は ...

続きを見る

-話題

© 2021 放浪系シンママの自由気まま日記 Powered by AFFINGER5