天気

2022年台風17号18号のたまご進路予想!米軍JTWC・ヨーロッパ・気象庁最新情報

こんにちは。キャサリンです☆

今年は日本に向かってくる台風が多いですよね (;´Д`)

特に、シルバーウィークの三連休に2回とも続けて台風が来る、というのは前代未聞なのでは…?!

遠出の予定を足止めされてしまった方も多いのではないでしょうか…

さて、気候は一気に秋めいていますが、まだまだ台風の季節は続いています。

台風のたまごである熱帯低気圧の発生状況はどうなっているのか、各国の台風情報を見ていきましょう。

※2022年9月26日に発生した台風17号「クラー」は29日に、9月28日に発生した台風18号「ロウキー」は10月2日に消滅しました。
最新の台風情報はこちらをご覧ください↓↓
2022年台風19号20号のたまご最新情報!米軍JTWC・ヨーロッパ・気象庁進路予想

広告
【16000円OFFクーポン配布中】iPhone 14 Pro 256GB simフリー 国内正規品 Apple 本体 端末 新品 回線セット

2022年台風17号18号のたまご進路予想・気象庁最新情報

まずはおなじみの気象庁による台風情報です。

また、2022年9月26日午前9時頃、日本の南の海上に台風17号「クラー」が発生しました。29日15時頃、北海道の東の海上で温帯低気圧に変わり消滅しました。

更に、大東諸島付近で28日午後9時頃、台風18号「ロウキー」が発生しました。2022年10月2日午前3時ごろ、本州の東の海上で温帯低気圧に変わり消滅しました。

天気図も見てみます。

10月2日21時現在の天気図では、台風18号「ロウキー」から変わった温帯低気圧が本州の東の海上にあり、前線を伴っています

また、更に北にある低気圧からも長い前線が伸びています。

日本各地に出ている警報・注意報を見てみます。

10月2日0時5分現在、北海道他一部地域に注意報が出ています。(黄色は注意報、赤色は警報)

該当する地域の方は、詳細を確認してください。

2022年台風17号18号のたまご進路予想・アメリカ海軍JTWC最新情報

次に、台風のたまご情報が最も早く、また進路予想もかなり正確であると言われる、アメリカ海軍のJTWC(合同台風警報センター)の台風情報を見てみましょう。

2022年10月2日15時現在、台風16号「ノルー」台風17号「クラー」は消滅し、「RMNTS TS 20W "ROKE"」は台風18号「ロウキー」の「名残」となっています。

TD」は「熱帯低気圧・温帯低気」を、「TS」は「台風」を、「TY」は「強い台風」、「STY」は「スーパー台風」を表します。

台風18号の進路予想はこちらです。

日本の東の海上を移動していきそうです。暴風域はなさそうです。

また、インド洋に「TC 02S "ASHLEY"」というトロピカルサイクロンが発生していましたが、既に消滅しています。

JTWCの記号等の詳しい見方については、こちらの記事をご覧ください。
米軍JTWC台風進路予想図の見方・時差は何時間?STY/TY/TC/TS/TD/RMNTS記号の意味とは

2022年台風17号18号のたまご進路予想・ヨーロッパWindy.com最新情報

次に、チェコの企業が提供しているリアルタイム天気予報、Windy.com を見てみます。

こちらはリアルタイムの風の動きや雨の様子、海水温等を見ることができるサイトです。10日ほど後までの予想天気図を動画で見られます。

日本周辺の気圧と風の動きを見てみましょう。

2022年10月2日0時現在、本州の東の海上に台風18号「ロウキー」があります。こちらはかなり発達していますが、太平洋上を北東に進んでいくため日本への影響はあまりないでしょう。

また、ベトナム付近にあった台風16号「ノルー」、北海道付近にあった台風17号「クラー」は既に消滅しています。

次に、日本周辺の雨と雷の様子を見てみましょう。

関東の沖の台風18号の周囲で激しい雨と雷が発生しています。

今後の予想では、台風18号の影響よりも、10月4日頃西からやってくる低気圧(L)により広い地域で激しい雨が降りそうです。

2022年台風17号18号のたまご進路予想・ヨーロッパECMWF最新情報

次に、ヨーロッパのECMWF(欧州中期予報センター)の天気図を見てみましょう。

2022年10月1日午前3時現在の天気図です。

カムチャツカ半島付近にある強い低気圧(L)台風17号「クラー」だった低気圧です。中心付近の緑色が濃いので、風が強くなっているのが分かります。

また、本州の南東にある低気圧(L)台風18号「ロウキー」となっています。

こちらは2日6時の予想天気図です。

本州の東の海上に発生している低気圧(L)が台風18号です。次第に発達して、中心付近の風が激しくなってきています。

引き続き見ていきます。

2022年台風17号18号の各国進路予想比較

Integrated Multi-Agency Tropical Cyclone Forecast というサイトにて、7つの国と地域の台風進路予想がまとめられています。

台風18号「ロウキー」の進路予想を見てみます。

本州の南の海上を北東方向に進んでいく予想です。

2022年台風17号18号に関するリアルタイムな話題は?

台風17号「クラー」台風18号「ロウキー」について、ネットのみなさんのリアルタイムな発信を見てみましょう。

台風17号については こちら

台風18号については こちら

 

2022年台風17号「クラー」18号「ロウキー」名前の由来は?

北西太平洋または南シナ海で発生する台風に関しては、日本を含む14の国と地域が加盟している「台風委員会」によって、台風の国際的な名称(アジア名)が付けられています。(Wikipediaより)

台風17号の名前となる「クラー Kulap」は、タイによって命名されており、「バラ(กุหลาบ)」を意味しているのだそうです。

台風18号の名前となる「ロウキー Roke」は、アメリカによって命名されており、男性の名前から取ったものだそうです。

アメリカは人の名前を台風につけているイメージがありますね。

2022年台風17号18号のたまご進路予想・最新情報まとめ

各国の台風情報を見てきました。2022年9月23日9時頃、台風15号「タラス」が発生し、24日午前中に温帯低気圧に変わりました。

また、23日15時ごろ台風16号「ノルー」が発生し、28日ベトナム付近にて熱帯低気圧に変わりました。

更に、北海道の東の海上に、台風17号「クラー」が発生し、29日15時ごろ温帯低気圧に変わりました。

そして、沖縄の南の海上に台風18号「ロウキー」が発生しました。10月2日3時ごろ本州の東の海上で温帯低気圧に変わりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

広告
【16000円OFFクーポン配布中】iPhone 14 Pro 256GB simフリー 国内正規品 Apple 本体 端末 新品 回線セット

2022年台風19号20号のたまご最新情報!米軍JTWC・ヨーロッパ・気象庁進路予想

2022年台風15号16号のたまご最新進路予想!米軍JTWC・ヨーロッパ・気象庁の情報から

2022年台風13号14号のたまご?米軍・ヨーロッパ最新情報と進路予想!気象庁との比較も

米軍JTWC台風進路予想図の見方・時差は何時間?STY/TY/TC/TS/TD/RMNTS記号の意味とは

-天気

© 2022 放浪系シンママの自由気まま日記 Powered by AFFINGER5