話題

スーパームーンの皆既月食2021!東京・大阪・名古屋の天気は?何時から見られるか調査

こんにちは。キャサリンです☆

2021年5月26日は満月ですね。しかも、月が地球に一番近い「スーパームーン」で、更に、月が全て隠れてしまう「皆既月蝕」が起きます!

スーパームーンと皆既月蝕が同時に起こるのを「スーパーブラッドムーン」と言うそうです。月が全て隠れたときに赤く見えるからでしょうか。

ちなみに、前回スーパーブラッドムーンがあったのは1997年9月24年ぶり。次回スーパーブラッドムーンがあるのは2033年10月12年後になります!

かなりレアなチャンスですね。ぜひ見てみたいものです( *´艸`)

皆既月食2021!東京・大阪・名古屋の天気はどうなる?

お月様を見るには、お天気が気になりますよね。

2021年5月26日(水)の、東京の天気は、
Yahoo!天気によると、「晴れ」、18時~24時の降水確率は0% なので、皆既月食が見られる確率が高そうです。
iPhoneのお天気アプリによると、26日夕方から「曇り」の予報になっています。

大阪の天気は、
Yahoo!天気によると、「晴れ時々曇り」、18時~24時の降水確率は10%なので、東京よりは見られる確率が低いかもしれません。
iPhoneのお天気アプリによると、26日夕方から「曇り」の予報になっています。

名古屋の天気は、
Yahoo!天気によると、「晴れ」、18時~24時の降水確率は10%なので、見られる確率は高そうです。
iPhoneのお天気アプリによると、26日夕方から「曇り」の予報になっています。

東京・大阪・名古屋では、曇りの加減によりますが、スーパーブラッドムーンが見られる確率はまあまあ高そうです(^^)/

スーパームーンの皆既月食は何時から何時まで?

2021年5月26日の、皆既月食が見られる時間帯は何時から何時まででしょうか?

その時間には空を見上げていたいですよね。

月食が始まるのが午後6時45分で、そこから月が欠け始め、午後8時9分から午後8時28分まで約20分間皆既食となります。
その後欠けた部分が戻っていき、午後9時53分にまた満月に戻ります。

月が欠けているのは、約3時間となります。方角は、日本国内なら南東の空に見える予定です。

まとめ

月が一番近い時の満月で、最も大きく見えるというスーパームーン。それと同時に皆既月蝕が起こるというのが2021年5月26日。

月が地球の影に完全に隠れるのが、20時9分から20時28分までの間です。

皆既食の間は、月が赤銅色という赤黒い色になるといいます。ちょっと不気味な気もしますが、見られるといいですよね!

楽しい夜をお過ごしくださいね(^^♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

こちらもCHECK

皆既月食は見ない方がいい?!日蝕・月蝕にまつわる言い伝えは迷信か調べてみた

こんにちは。キャサリンです☆ 2021年5月26日に皆既月食が見られるということが、私の周りでも話題になっています。 滅多に見られない皆既月食、しかも今回は月が地球に一番近く、最も大きく見える「スーパ ...

続きを見る

-話題

© 2021 放浪系シンママの自由気まま日記 Powered by AFFINGER5