話題

Dispoディスポって何?招待枠の増やし方と登録方法

こんにちは。キャサリンです☆

Clubhouse(クラブハウス)が話題になり始めてまだ1ヶ月も経ちませんが、今度は写真投稿系の次世代型SNS『Dispo(ディスポ)』が話題になっています。

こちらも招待制でiOSにのみ対応となっているようです。

どんなアプリなのか、気になるところですね!詳しく見ていきましょう☆

Dispoってどんなアプリなの?

Dispo(ディスポ)は、写真を撮ってシェアする、というInstagramのようなアプリですが、大きな違いは「翌日の9時にならないと写真が見られない」というところです。また、画質も程よく粗く、「エモい」写真に仕上がるのだとか。

かつて一世を風靡した「使い捨てカメラ」のようなレトロ感と、敢えて不便なところが逆に良い!と言われています。

Dispo(ディスポ)に関してまとめると、

  1. 写真を撮影すると、Developing(現像中)と表示され、翌朝9時に見られるようになる
  2. 写真加工機能がない(撮った写真がそのままアップされるので、撮影者の腕が試されます)
  3. 写真を保存するカメラロールを設定でき、それを友達とシェアできる
  4. フォローして他の人と繋がることができる
  5. DM機能はない

ということが現在分かっています。

写真を撮ったらすぐに見られるのが当たりまえ、になっている現代なので、逆に「待つ時間」が必要となる機能がウケているのかもしれません。

Dispoの登録方法は?

まず、AppStoreで検索をかけると、こちらのアプリが出てきます。

しかし、残念ながら、現在話題になっているのはこちらのアプリではなく、TestFlightというアプリと同時にインストールする必要があるβ版のアプリになります。

まず、こちらのTestFlightのアプリをインストールしてから、招待者から送ってもらったURLをタップしてDispoのβ版をインストールします。

Dispoの招待方法は?招待枠は増やせる?

DispoもClubhouse同様、スマホの「連絡先」アプリに連携してから招待を行います。

招待の手順をまとめると、

  1. ホーム画面下部にある、自分のアイコンをタップ
  2. 右上の「Settings(設定)」をタップ
  3. 「Invite(招待)」をタップ
  4. 連絡先へのアクセスを許可して、「Invite(招待)」をタップ
  5. 招待する相手にSMSメッセージを送信
  6. 相手がSMS内にあるURLをタップしてアプリをインストール

となります。

登録当初に招待枠は20枠付与されていますが、それを増やす方法については、今のところ記載がありません。

※TestFlightでリリースしているアプリはβ版(いわゆるお試し版)なので、上限が1万人となっています。Dispo ベータ版は既に利用者が上限の1万人に達してしまったので、2021年2月16日現在、残念ながら新しく利用を開始することはできなくなっています。

Dispoの公式Twitterでもこのように言っています。

訳(一夜にして日本のコミュニティに広く受け入れられたため、今TestFlightは上限に達しました。ありがとう!招待枠が残っているユーザーには申し訳ありません。気長にお待ちください。もうすぐアップデートします。)

まとめ

2021年2月14日、バレンタインデーから急激に話題となっている、新感覚写真系SNS『Dispo(ディスポ)』。

一体どんなアプリなのか、またClubhouseと同様にこちらも招待制となっているので、招待の仕方、招待枠が増やせるのかどうかについて検証してみました。

残念ながらβ版は使ってみることができなかったよ、という方も、おそらく近日中に正式版がリリースされると思いますので、楽しみに待ちましょう☆

-話題

© 2021 放浪系シンママの自由気まま日記 Powered by AFFINGER5